行動科学

熱板式 弁別鎮痛効果測定装置

BS-AT280 (ラット・マウス用)
カテゴリ名 : 行動科学

本装置は、温度の異なった2つのホットプレートで構成されており、各プレート内の滞在時間と反応時間を測定することができます。温度による痛みの感覚閾値 をスクリーニングするのに最適です。2つのプレートは任意の温度設定が個々に可能で、滞在時間はセンサーにより感知します。

本装置では、以下の作業が行えます。
  ■ 10分の1秒単位で反応時間を評価する。
  □ 個々の滞在時間/反応時間を監視し、実験手技を設定する。
  ■ ソフトキーにより、プレート温度を30~60℃の範囲に設定する。

カテゴリー
Copyright© 2020 株式会社ブレインサイエンス・イデア All Rights Reserved.