生理学・生体

実験動物用脳定位固定装置

新生児マウス・ラット、マウス、ラット、ネコ、イヌ、サル用
カテゴリ名 : 生理学・生体

DAVID KOPF

DKI社の脳定位固定装置は、経験豊かな科学者による信頼性の高い精密さを有し、各国の基礎研究分野に高い支持を得ています。アクセサリーも豊富で、薬理学・生理学実験に最適です。

小動物用脳定位固定装置

Model 900

sei34_11 

マウス・ラット・鳥などの小動物用に最適なスタンダードタイプです。0.1mmスケールの操作が可能、マニピュレータがデュアルタイプの Model 902もあります。

小動物用精密脳定位固定装置

Model 962

sei34_12 

精密タイプのマウス・ラット・鳥などの脳定位固定装置です。10μmスケールの操作が可能、マニピュレータがデュアルタイプのModel 963もあります。

デジタル表示脳定位固定装置

Model 940(X、Y、Z)

sei34_13

精密タイプにデジタル位置表示機能を装備したマウス・ラット・鳥などの脳定位固定装置です。
10μmスケールの操作が可能、マニピュレータがデュアルタイプのModel 942もあります。

猫・猿用脳定位固定装置

​Model 1404

  sei34_14

猫・猿などの中動物用に最適な脳定位固定装置です。4つのマニピュレータを高精度タイプ961に変更可能、スライドアッセンブリ1761-JA-Pにてより精度を高められます。

犬・猿用脳定位固定装置

Model 1504

sei34_15

犬・猿などの中動物用に最適な脳定位固定装置です。4つのマニピュレータを高精度タイプ961に変更可能、スライドアッセンブリ1761-JA-Pにてより精度を高められます。

イントラセルラーフレーム

Model 1730

sei34_16

猫・猿など、中動物用の細胞内への刺激・記録などの実験に最適な脳定位固定装置です。
1460-LB・1760のマニピュレータを装備できます。視覚刺激実験用のユニット875もあります。

カテゴリー
Copyright© 2018 株式会社ブレインサイエンス・イデア All Rights Reserved.